「文章→動画へ。自分に合った表現は無数に選べる」クリエイティブで気づいた働き方の可能性

2020年8月10日

現在、日本HP×新しい働き方LABの共同企画で進められている #私をつくるクリエイティブ。

この企画にチャレンジするクリエイターには日本HPよりハイスペックPCが貸与されており、新たに取り組むクリエイティブ活動を後押ししています。

今回はこの企画で新たなクリエイティブに挑戦する、新しい働き方LAB岡山キャンパスコミュニティマネージャーの矢吹直也(やぶき なおや)さんにお話をお伺いしました。

※なお、このインタビューは新型コロナウイルス感染拡大の影響によりオンラインで行われています。

(聞き手:新しい働き方LAB静岡キャンパスコミュニティマネージャー 長濱裕作)

■□■□矢吹直也プロフィール■□■□

ブロガー/編集者/Webディレクター
1993年岡山県倉敷市出身。新しい働き方LAB岡山キャンパスコミュニティマネージャー。
小中高と不登校を繰り返し、新卒で入社した会社もわずか1年半で辞めてしまう。「会社辞めたい」で検索した時に出会ったブログがきっかけで情報発信を始め、1年でフリーランスに転身。現在では、岡山の創業100年の老舗企業から全国の個人まで幅広く情報発信のサポートをしている。
プライベートでは、美人な妻の尻に敷かれながら子育て奮闘中。

Twitter:https://twitter.com/yabnao
Webサイト:https://naoyasu.net/entry/profile
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UC4OcGuxXP1GJKmaIyh88GRw

HP企画に参加し、作業環境の大事さに気づく

ハマ
ハマ

やぶなおさんはブロガーとしても活躍されているので、かなり作業環境にはこだわりがありそうですよね。普段はどのような環境でお仕事をされているのですか?

やぶなお
やぶなお

実はこれまで、それほど作業環境にこだわりがなかったんですよね…。
普段はヨギボー(体に合わせて形が変わる大型のクッション)に寝転びながら作業していることが多かったんですよ。集中すると机でやることもありますが、それでもパイプ椅子とかを使っていたので、その辺りまったく気にしてなかったと言っていいと思います。

ハマ
ハマ

意外です(笑)

やぶなお
やぶなお

でも今回のHP企画に参加する中で「作業環境も大事かも」と思うことがあり、思い切って机と椅子、そしてサブモニターを買い揃えてみたんです。定額給付金をすべて注ぎ込みましたよ(笑)。
そしたらやっぱり作業環境が違うだけで、集中力も全然違うし、クリエイティブも高まるのを感じました。やはり作業環境は大事ですね。

ハマ
ハマ

素敵な作業環境ですね。
ちなみに今回の企画で日本HPさんからはどんなPCを借りているんですか?

やぶなお
やぶなお

僕がお借りしているPCはかなりハイスペックなマシンなんですよ。メモリも16GBあります。
それまでのPCでは処理速度の関係で1つのソフトしか使えなかったのですが、スペックが大幅にアップしたことで複数のソフトや、重たいソフトの使用が可能になりました。

ハマ
ハマ

具体的にはどんなソフトを使っているんですか?

やぶなお
やぶなお

例えば動画編集ソフトの「アフターエフェクト」です。
これまで使用してたPCではアフターエフェクトで動画編集しようとしたとき、処理が追いつかずコマ送り状態になってしまっていたんですね。でもモザイクやイラストの追尾などをするには、どうしてもアフターエフェクトを使う必要があったんです。

今回お借りしたPCではアフターエフェクトもサクサク動くので、本当に助かっていますね。

新しいPCを手に入れたことで動画の投稿頻度が上がり、クオリティも高まった

▲10万回近く再生されている、やぶなおさんのYouTube動画

《やぶなお夫婦の子育て奮闘日記チャンネル》

https://www.youtube.com/channel/UC4OcGuxXP1GJKmaIyh88GRw

やぶなお
やぶなお

実は、僕は2019年1月からYouTubeを始めているんです。
動画コンテンツは夫婦でおもしろそうなことをやる”企画系”で、例えば100円均一で買ったアイテムを紹介したり、飼っている犬の散歩の様子を伝えたりするものでした。

毎日投稿していたにもかかわらず再生回数が伸びなくて、そのままやめてしまっていたのですが、2020年3月に子どもが生まれたことをきっかけに動画投稿を再開したんです。
最近の動画は以前と比べてもいい感じで再生回数が伸びていて、平均で1,000回ほど再生されています。

ハマ
ハマ

上の動画は10万回近く再生されていてスゴイですね…!

やぶなお
やぶなお

動画を作っていく中で、しっかりと企画・構成から作り込んだ動画は再生回数が伸びることがわかってきたんです。
上の動画はまさに撮影前の段階からしっかりと時間をかけて考え、撮影・編集もこだわって作り込んだものなんですよ。適当な動画を毎日あげてもダメなんですね。

ハマ
ハマ

新しいPCを借りて、実際のクリエイティブはどのように変化しましたか?

やぶなお
やぶなお

やはり動画処理が、日常的にサクッとできるようになったのが大きいですね。簡単な動画であれば、「プレミアプロ」で30分ほどで編集してパッとあげられるようになりました。
YouTubeの動画編集はもちろん、セミナー動画やクライアント様から請け負っている動画編集なども増加傾向です。

つい先日も、友人のクラウドファンディングで使うための動画を作ったのですが、以前よりもクオリティが上がっているのを実感しましたし、制作スピードの面からも申し分ない仕上がりだったと思います。

動画を編集するような重たい仕事は、今やHPのPCなしには考えられませんね。

クリエイティブのポイントは「個人個人の魅力をいかに引き出すか」

ハマ
ハマ

今回の企画は「私をつくるクリエイティブ」なのですが、クリエイティブをするうえで大切にしているポイントはありますか?

やぶなお
やぶなお

僕は常に「個人個人の魅力をいかに引き出すか」を大事にしたいと思っているんですね。
例えば、自分がブロガーやライターだとしても、書くことに縛られる必要は無いと思うんです。書く以外にもできること、表現の方法はあると思うんですよ。

ハマ
ハマ

書く以外の表現方法…

やぶなお
やぶなお

僕はフリーランス駆け出しの頃、「書く」ことからスタートしました。でもそこからサムネイルの作成で画像を加工したり、SNSを使って情報を届けたり、少しずつ表現の幅を広げてきたんです。そして今は、動画を使っての表現に挑戦しています。

大事なのは個人個人が持っている魅力をいかに最大限に引き出すかだと思うんです。

ハマ
ハマ

おっしゃる通りだと思います。

やぶなお
やぶなお

僕はこれまで、文章を書くことで大きく救われてきました。でも文章だけだと伝わらないこともいっぱいあるのは事実です。画像や動画だからこそ伝えられることもあります。

その人の魅力を1番伝えられること。
その表現方法をいつでも柔軟に選べること。

それが1番大切なのではないでしょうか。

ハマ
ハマ

自分の魅力や強みの見つけ方などがあれば教えてほしいです!

やぶなお
やぶなお

まず、幼少期から周りの人に言われていたことにはヒントがあると思いますね。
あと他の人のクリエイティブを見て「すごいな」と感動したもの。それはすごさに気づける「視点」を持っているということなので、きっと隠れた才能があると思います。

ちなみに僕が実際にやってみてうまくいったのは「周りの人のいいとこ探し」をすることです。

ハマ
ハマ

いいとこ探しですか?

やぶなお
やぶなお

はい。僕は小学校・中学校の頃、不登校だったんですね。
友だちとうまく関われないことで悩んでいました。当然ながらネガティブで自己肯定感も低く、口癖は「え〜でも」でした。そしてそんな自分に絶望していたんです。

ハマ
ハマ

やぶなおさんにそんな過去があったとは…。

やぶなお
やぶなお

でもあるとき、このままではダメだと思って、自分の見方を変えようと決めました。
人は誰でも弱みを抱えていると思いますが、ひっくり返すと弱みはその人の良いところでもあります。それを本人に伝えてあげるように心がけました。

すると、どんどん状況が好転していって、高校で僕はクラスのムードメーカーにまでなったんですよ。

やぶなお
やぶなお

急に話が変わって恐縮ですが、昆布って鍋で煮るとダシが出るじゃないですか。
でもなんで海でダシが出ないのか不思議に思いませんか?

ハマ
ハマ

たしかに。海水の塩分が影響しているのでしょうか…。

やぶなお
やぶなお

昆布からダシを出すには、一度乾燥させないとダメらしいんですよ。
これって人も一緒だと思うんです。

ハマ
ハマ

えっ、人もですか?

やぶなお
やぶなお

昆布にとっての「乾燥」は、人にとっては「絶望」なのではないでしょうか。
深い悩みや苦しみを経て、初めてその人の旨味が出てくる。
絶望を経て、その人ならではの才能が発揮できるようになると思うんです。

ハマ
ハマ

(昆布以上に味わい深い言葉)

大切な人たちが困っていたらすぐに助けにいける自分でありたい

ハマ
ハマ

今後、クリエイティブ通じて何を実現したいと考えているのでしょうか。

やぶなお
やぶなお

かつての自分は、人との関わり方で悩みましたし、その後も働き方でとても苦しみました。だから、今大切な人たちが困っていたらすぐに助けにいける自分でありたいですし、大切な人には自分の強みを活かして生きていけるようになってほしいなと思います。

とはいえ、自分の強みを1人きりで見つけるのは難しいです。なぜなら自分の強みは、周りとの関係性の中で見つかるものだからです。

ハマ
ハマ

たしかに自分1人ではなかなか気づきにくいかもしれません。

やぶなお
やぶなお

だから自分だけでなく、周りの人も一緒に成長できるような関わり方を作っていけたらと思うんです。
仮に今の職場で苦しんでる人がいるとして、僕のようにフリーランスで食べられるようになれれば、少なくともその苦しみからは抜け出せますよね。いきなり「フリーランス」はハードルが高いかもしれませんが、「コミュニティ」があればそのハードルはグッと下がります。

ハマ
ハマ

そんなコミュニティがあったら、最初の一歩が踏み出しやすくなりそうですね。
では今後、やぶなおさんは講師的な役割を担おうと考えているのでしょうか?

やぶなお
やぶなお

僕は決して講師になりたいわけではないんですね。あくまでクリエイティブで自由な生き方をメンバーと共有したい。そういう存在になりたいだけなんです。

だから常に自分も最前線で実践しつつ、少しずつ仲間を増やして、いつかコミュニティメンバーと一緒に仕事をしてみたいですね。日常をクリエイティブにしていくことで、「大切な人に全力で向き合える生き方」を実現したいと思っています。

ライタープロフィール

取材・文:ハマ(長濱裕作)
フリーライター。書くことを中心に、様々なスキルを掛け合わせた「半農半X」のライフスタイルを実践している。最近ハマっているものは「けん玉」。

Twitter:https://twitter.com/hamalandspace
note:https://note.com/hamaland
ブログ:https://hamalan.com/
ランサーズ:https://www.lancers.jp/profile/kusauyu22

■□■□貸与されたPCスペック■□■□

Spectre x360 15

メモリ:16GB
CPU:インテル i7-9750H